オープンフォーラム2019(12/2・12/3)

Exploring Diversity and Inclusion
- D&I 未来体験・新たなフロンティアの提示 -

GEWELオープンフォーラムは、個人や組織の枠組みを超えて、登壇者や参加者との交流から、さまざまな多様性に触れることができる場です。自分の世界を広げ、互いを活かしあう社会の実現を共に考える2日間、今年のオープンフォーラム2019のご案内です。 続きを読む

世界のD&I ~オランダ、デンマーク、フィンランドの事例から学び日本へ活かす~

女性活躍、障がい、LGBT、ウェルビーイング、教育、公共…社会や組織のダイバーシティ&インクルージョン(D&I)は日本の外ではどうなっているのでしょうか? 進み続けているのでしょうか、日本と共通の課題はあるのでしょうか。

オランダやフィンランド、イギリスなど欧州各国に滞在した経験のある登壇者と共に、現地で感じたことや経験したことを共有いただき、日本で生かせる、自身で実践できる海外の興味深いD&Iをディスカッションしていきます。

申込みはこちらです→https://gewel-event-europe2019.peatix.com/

続きを読む

GEWELとわたし(蓮見勇太)

NPO法人GEWELは2003年の設立以降、ダイバーシティ&インクルージョンを中心に、多くのひとに影響を与えてきました。GEWELと関わったことをきっかけに、新しい何かを起こしてきた「コトおこし」の例を紹介していきます。

File21:蓮見 勇太(ハスミユウタ)

Ikigai Authentic Limited 代表取締役CEO
NPO法人 GEWEL 理事

Q: あなたを掛け算で表現すると?
「日本人男性」 x 「グローバル」 x 「生きがい」x 「オーセンティック(自分らしさ)」

写真=松井みさきさん

石川県生まれ、ロンドン在住。「ダイバーシティ&インクルージョン=自分らしくあること(Authentic)」をモットーに、D&I活かしたビジネス、ブランディング、女性活躍推進、多様性を尊重する組織文化変革を他企業・団体と一緒に企画・実行しています。ほかにも多様性にとどまらず多才性に富む組織や社会や生き方のヒントをForbes連載やその他講演など、各所で発信しています。その前は外資系企業でこれまでグローバル人事、女性活躍、ダイバーシティ&インクルージョン推進を担当し、2017年よりロンドンへ移住、日本とイギリスの2拠点の架け橋となりながら現在の仕事をしています。 続きを読む

GEWELとわたし(舘野聡子)

NPO法人GEWELは2003年の設立以降、ダイバーシティ&インクルージョンを中心に、多くのひとに影響を与えてきました。GEWELと関わったことをきっかけに、新しい何かを起こしてきた「コトおこし」の例を紹介していきます。

File20:舘野聡子(タテノサトコ)

株式会社イソシア 代表取締役
特定社会保険労務士 シニア産業カウンセラー

Q: あなたを掛け算で表現すると?
「労働法」 x 「心理学」 x 「マイノリティ」

大学で、女性の労働環境に興味をもち労働法を勉強しました。その後社労士となり、労働法は私にとっては一生のパートナーとなりました。
社労士になった後、ハラスメントの防止対策をしている企業で働いたことをきかっけに働く人の心理を学びはじめ、現在大学院で心理学を専攻しています。
続きを読む

GEWELとわたし(宮田祐子)

NPO法人GEWELは2003年の設立以降、ダイバーシティ&インクルージョンを中心に、多くのひとに影響を与えてきました。GEWELと関わったことをきっかけに、新しい何かを起こしてきた「コトおこし」の例を紹介していきます。

File19:宮田祐子(ミヤタユウコ)

GEWEL正会員 / キャリア・コンサルタント

Q: あなたを掛け算で表現すると?
「物語」 x 「好奇心」 x 「成長」

東北で育ち、新卒で入社した会社の倒産(勤務中にニュース速報で知りました)を経て、東京の人材コンサルティング会社に転職しました。
今はフリーランスでキャリアコンサルタントとして、働いています。
続きを読む

ワーキングマザーが小1の壁を突破する!(4)

小1の壁、いよいよ2学期
小1プロブレムに9月1日問題、ワーキングマザーはどう備える?

はじめに

夏休みは、早くも8月末に終わる学校が出てきます。ワーキングマザーの皆さんも、宿題の仕上げの時間の工面に苦労されている時期かと思います。さっさと仕上げて、夏休み終わってくれ、という感想をお持ちでしょうか。それとも前回の夏休みの記事を参考に、今年はばっちり、でしょうか? 続きを読む

D&I交流会「多世代と共生する生き方」

ダイバーシティ&インクルージョン交流会
「多世代と共生する生き方」

急速に少子高齢化が進み、人生100年時代が現実となっていく社会において、年齢の枠を超えた多世代の共生もD&Iの重要なテーマです。

今後益々増加していくシニア世代が、社会の一員として他の世代からも受容され、積極的に活動することが出来る生き方とは何かを一緒に考えていきませんか? 続きを読む