GEWELとわたし(宮本園え)

NPO法人GEWELは2003年の設立以降、ダイバーシティ&インクルージョンを中心に、多くのひとに影響を与えてきました。GEWELと関わったことをきっかけに、新しい何かを起こしてきた「コトおこし」の例を紹介していきます。

File07:宮本園え

マインドシフトライフ株式会社代表取締役

Q. あなたを掛け算で表現すると?
人×コト×楽脳×スペース×マインド・シフト

茨城県生まれ。つくば市在住。社会人スタートは教員でした。その後も会社の人事で採用や社員教育など、人と関わることに長く携わっています。
そして、年を重ねるにつれ、モノよりもコト、特に楽しいコトに価値を感じるようになってきました。脳は、楽しい時の方が、その能力を発揮すると言われています。もともと私は、辛いこと・悲しいことを、いつまでも覚えていられない才能に長けていると自負しています。そんな楽脳視点で、マインドをシフトすることを、日々実践しています。

Q. GEWELとの出会いは?
Ethics (企業倫理)の担当となったこと

代表の村松さんと、前職が同じ会社で,  茨城のサイトでEthics (企業倫理)の担当でした。
当時、ETHICS MGRの村松さんとご一緒させていただくことが多く、退職後村松さんがGEWEL代表になり、お声がけいただいたことがきっかけです。茨城の田舎暮らしをしていると、そういった口コミでのご紹介がないと、なかなか出会えなかったと感じています。

Q. 具体的な転機やその後に訪れた変化は?
GEWELの活動を通じキャリアを模索する女性たちに出会い、会社設立

私は前職で、人事部におり、採用、社員教育、企業倫理教育などに携わっていました。
その後、企業の中からではなく、外から、人を支援することがしたいと感じて、2009年に独立して、個人事業主として企業研修・個人向けコーチングなどをおこなっていました。

そんな時、GEWELの活動をお手伝いする機会をいただき女性の先輩方のご活躍の様子を間近で拝見し、また、若い世代でも、キャリアについて模索している人たちなどが集い、意識の高い会話が交わされるのを見て、とても刺激を受けました。企業人としての経験年数はありましたが、自分は、なんと、何も考えずに過ごしてきた時間が多かったことか!と反省もしました。

そして、今年2月に、法人化に踏み切りました。それは、自分なりの覚悟です。今までも、もちろん一生懸命やってきたつもりですが、私の中で法人にする、ということは、ある意味、とても大きな覚悟でした。そして何より、50代になってからでも遅くはない!と思わせてくれたのは、GEWELに関わらせていただいたことが大きいと感じています。

Q. 今どんなコトを起こしていますか?
思いを実現する場の提供

オフィスをレンタルスペースとして、シェアすることを始めました。

2018年8月に、つくば市内のテナントの1室を借りました。自分のオフィス兼セミナールームとすることが目的です。でも、いざ、準備を進めてみたら、思いの外、素敵なスペースに仕上がりました。(笑)これまで、私が、あちこちのセミナールームや研修室をお借りしながら講座を開催してきた中で、「こんなのがあったらいいのに」とか、「こうなっていたらいいのに」という、あれこれを、思い切り詰め込んだ小さいお部屋です。そこを、レンタルスペースとして、貸し出すことを始めました。

すると、過去の私のような、女性起業家のみなさんに、とても気に入っていただけて、まだオープン2ヶ月ですが、定期ユーザーさんが増えてきて、中には、この場所がいい!と気に入って、他を解約して、こちらにいてくださる方もいらっしゃいます。

私が、何らかの成功例を示すことができれば、そんな起業したての女性たちの励みにもなれると信じています。

 

Q. これから起こしたいコトは?
 つくば発信!D&Iから生まれるアイデア

このレンタルスペースを、意識レベルの高い人たちのコミュニテイにしたいと思っています。部屋には、スマートロックを設置したので、登録した人は、無人でも部屋の解錠ができます。利用時間も朝の7時から22時までを、貸切で、3時間枠ごとにお使いいただくようにしました。そのおかげで、いろいろな業種、性別、年齢問わず、この場所でなにかしらの会議だったり、ワークショップが開催したりされるわけです。そんなメンバーさんとの接点を持つような場を作って、それぞれのビジネスが発展するようなコミュニテイを作りたいと思っています。世の中には、いろいろな異業種交流会がありますが、この場に集う人たちの、発展的なコミュニテイです。共通点は、この場所を気に入って使ってくださっているということ。

ここは、いわゆる、よくある貸し会議室よりも、設備を充実させました。一見さんはお受けせず、定期的に使ってくださる方をメンバー登録させていただいているので、少なくとも、気に入って定期的にご利用いただくことになっています。

そして、単なる異業種交流会ではなく、世代・性別・業種の違う人たちが、それぞれ刺激しあって、新しい化学変化を起こす。それを、つくば発信ですることができたらいいなぁと、思っています。
これからの時代、大抵のことは、AIに変わっていくでしょう。人と人との関わり方も、大きく変わりつつあります。だからこそ、オフラインでのコミュニテイは、強くなっていくような気もするのです。

そんなことの一助になりたいと思っています。

 

GEWELとわたし(碇明生)

NPO法人GEWELは2003年の設立以降、ダイバーシティ&インクルージョンを中心に、多くのひとに影響を与えてきました。GEWELと関わったことをきっかけに、新しい何かを起こしてきた「コトおこし」の例を紹介していきます。

File05:碇明生

 

GEWEL正会員/アンカレッジ・キャリア・コンサルティング代表/一般社団法人日本産業カウンセリング学会常任理事/国家資格キャリアコンサルタント試験分野別専門委員/アースデイ湘南実行委員

Q. あなたを掛け算で表現すると?
D&I×キャリア × コミュニケーション × ボランティア × 湘南ライフ

1950年東京生まれ、神奈川県茅ケ崎市在住、プラントエンジニアリング企業、バーコードプリンターメーカーなどで長年人事部門に従事し、還暦を迎えて独立しました。
現在は主として企業におけるD&I教育、キャリア開発、管理職のコミュニケーション研修などを行っていますが、どの仕事もD&Iの本質である「一人ひとりの違いを認め、それぞれの個性を活かす」ことが根本にあると考えています。

 

人生100年時代の後半を楽しむことも大切にしており、ボランティアとして、福島原発事故で未だに故郷に帰れないご家族を招待して、1000人の支援者とともにフラを踊る「江の島フラ・パラダイス」の実行委員を毎年務めています。今や家族のように親しくなった福島の皆さんとの交流は、一方的な支援ではなく、お互いが力を合わせ、心を通わせる、素晴らしい触れ合いの場となっています。

サザンオールスターズのファンであるため、ついに引っ越してきた桑田佳祐さんの故郷、湘南茅ケ崎では、桑田さんゆかりの方々やサザンファンとのつながりも増え、湘南らしくフラやウクレレ、SAPなどにもこの年になって手を染めており、湘南ライフを心から満喫しています。

Q. GEWELとの出会いは?
 女性部下からの紹介

2006年。部下の女性課長を介し、GEWELと出会う

バーコードプリンターメーカー、サトーの人事部長だった2006年に、部下の女性課長が目を輝かせて「素晴らしい組織を見つけました」と報告してきたのが、GEWELとの出会いでした。
さっそく当時の堀井紀壬子代表にお願いして、社内の女性社員を対象とした「セルフwエスティーム・ワークショップ」を開催しました。事前に対象者の希望を聞き、開催日時は休日土曜日の昼間とし、託児コーナーも併設しました。内容は「自分をあるがままに受け入れる」という奥深いものでありながら、体感を通した理解しやすいものであり、参加者には大好評でした。

 

Q. 具体的な転機やその後に訪れた変化は?
 ×企業内でのD&I推進。そしてGEWELのメンバーへ

サトーの人事部長をしていた時にGEWELと出会ったことは、同社におけるD&I推進に大きな影響があり、私自身も企業の中でD&Iを推進することの難しさを感じつつも、多くの学びを得ることができました。
GEWELの支援を受けながら2007年には、次世代法認定マーク「くるみん」を法施行直後に取得し、更に均等・両立推進企業表彰の東京労働局長優良賞を受賞することも出来、同社は女性活躍推進における先進企業と言われるまでになりました。
私個人としては、独立後しばらくGEWELと遠ざかっていましたが、異業種交流会を通じた長いお付き合いの先輩がGEWELの理事をされていたことから、GEWELへの参画のお声掛けをいただき、喜んでメンバーに加えていただきました。GEWELにおいては、D&Iを企業に浸透させるには、女性社員だけを対象にするのではなく、現場の長である管理職を変えていかなくてはならないという視点から、研修事業に取り組んできました。

 

Q. 今どんなコトを起こしていますか?
D&I推進とコミュニケーション能力の向上

現在も企業の管理職を対象としたD&I研修を行うことが多いのですが、理念あるいは会社の方針としてD&Iの意義は理解しても、実際に職場でD&Iを推進していくには、部下一人ひとりに対する個別のマネジメントを行う必要があります。そのためには管理職が部下と向き合うコミュニケーション能力を身につけなくてはならないのですが、指示命令型の管理手法に慣れた人たちにはなかなか難しいものがあります。ここが私自身の現在の問題意識となっており、コーチングやカウンセリングの発想を取り入れた、部下自身の個性を引き出す管理職のコミュニケーション能力を高める研修を実施しています。

また、複数の企業の女性管理職候補者を対象とした異業種リーダーシップ塾にファシリテータとして参画しています。今年は10社から60人を超える受講者が集まり、インクルーシブ・リーダーシップといった切り口からも議論を深めていきます。その他に、いくつかの大学でも毎年キャリア開発論の講義を行っていますが、その中でD&Iに触れ、社会に出る前からD&Iという概念を知ってもらうように努めています。

 

Q. これから起こしたいコトは?
 自分自身がD&Iを体現する存在であり続けたい 

現在67歳であり、人生100年時代も既に2/3を過ぎてしまいましたので、あと30年をどう生きるか、その中でD&Iという大切な考え方、価値観を自分自身がどう体現していくかを考えていきたいと思っています。具体的には自分自身が年齢や性別と言った属性にとらわれない自分なりの生き方を実践していくこと、周囲の人たちに対しても属性にとらわれないユニークな個々の存在として接していくことが基本だと思います。

そして、そうした生き方をビジネスやボランティア、趣味の仲間、地域社会など様々な場で実践し、情報として発信していくことができたらいいなと思っています。

 

GEWELとわたし(村松邦子)

NPO法人GEWELは2003年の設立以降、ダイバーシティ&インクルージョンを中心に、多くのひとに影響を与えてきました。GEWELと関わったことをきっかけに、新しい何かを起こしてきた「コトおこし」の例を紹介していきます。

File04:村松邦子

 

GEWEL代表理事/(株)ウェルネス・システム研究所 代表取締役/日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)参与/経営倫理実践研究センター 上席研究員

Q. あなたを掛け算で表現すると?
D&I×ウェルネス(健幸)×サステナビリティ

東京生まれ、東京在住。グローバル企業でさまざまな経験を重ね、50歳で独立起業しました。企業倫理とダイバーシティ推進に取り組む中で、ヘルシーカンパニー(健康経営)と働く人のウェルネス(健幸)に興味を持ったことがきっかけです。
現在は、企業、NPO、スポーツの分野を行き来しながら「人・組織・社会のウェルネス」を探求しています。
「普段はどこで働いているんですか?」が一番答えにくい質問。NPO代表、研究員、社外取締役、参与など、複数の肩書を持っているので、在宅勤務も含め、いろいろな環境で楽しく仕事をしています。
25歳までバレエ一筋だったので、体力には自信があります(笑)。

続きを読む

GEWELとわたし(荒金雅子)

NPO法人GEWELは2003年の設立以降、ダイバーシティ&インクルージョンを中心に、多くのひとに影響を与えてきました。GEWELと関わったことをきっかけに、新しい何かを起こしてきた「コトおこし」の例を紹介していきます。

File03:荒金雅子

 

GEWEL理事/(株)クオリア代表取締役

Q. あなたを掛け算で表現すると?
D&I×グローバル×カタリスト(触媒)

宮崎県生まれ。大阪在住ですが、ダイバーシティコンサルタントとして月の半分以上は東京を中心に全国を飛び回っています。活発性が非常に高く、常に走りながら考える回遊魚のような生活です。新しいことを考え実現することが大好きで、最近ではアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)トレーニングやダイバーシティのジレンマをゲームで考えるクロスロードダイバーシティ編の普及に力を入れています。

プライベートでは1歳10か月と6か月の二人の孫娘にメロメロで、休日はヤヤ活動にいそしんでいます。(*ヤヤとはギリシャ語でおばあちゃんの意味)今の最大の楽しみです(笑)。

続きを読む

GEWELとわたし(小嶋美代子)

NPO法人GEWELは2003年の設立以降、ダイバーシティ&インクルージョンを中心に、多くのひとに影響を与えてきました。GEWELと関わったことをきっかけに、新しい何かを起こしてきた「コトおこし」の例を紹介していきます。

File02:小嶋美代子

 

GEWEL副代表理事/(株)アワシャーレ代表取締役/ライフシフト・ジャパン(株)取締役

Q. あなたを掛け算で表現すると?
ライフシフト×エシカル×次世代

1968年京都生まれ、現在、東京・京都・その他に在住。コンピュータのエンジニアとして働き始めましたが、現在では「ダイバーシティ&絆」をテーマにした講演や研修を中心に活動しています。人生100年時代のライフシフトを自ら体現し、その経験や楽しみ方も伝えています。

続きを読む

GEWELとわたし(高見真智子)

tennki NPO法人GEWELは2003年の設立以降、ダイバーシティ&インクルージョンを中心に、多くのひとに影響を与えてきました。GEWELと関わったことをきっかけに、新しい何かを起こしてきた「コトおこし」の例を紹介していきます。

 

File01:高見真智子

gewel_takami

GEWEL理事/(株)サイズラーニング代表取締役

Q. あなたを掛け算で表現すると?
D&I×地方×家族×音楽

熊本生まれ、現在、福岡在住。人材・組織開発を支援する企業の代表をしています。メインテーマはD&Iと働き方です。会社設立当初は、ほとんど依頼がありませんでしたが、今は9割以上がこのテーマです。起業前は、東京や大阪でも仕事をしました。

続きを読む