GEWELサマーセミナー 2019 を7月30日に開催します!

GEWELサマーセミナー 2019 を開催します。

GEWELでは、企業でダイバーシティの推進を担当されるみなさま、社内研修を企画されるみなさまの、お力になりたいと考えています。

たとえば
・D&Iの研修を導入するにあたり、どんな研修を行ったら効果的なのか?
・研修導入前に実際の内容がどんなものなのか見れたらいいのに・・・

そこで今回のサマーセミナーでは、GEWELの講師陣がご提供する豊富なメニューの中から、下段の4つのテーマを取り上げ、各テーマをそれぞれ2時間にギュッと凝縮したお試しバージョンの研修を体験いただけるようにしました。

【GEWELサマーセミナー 2019】

日時:2019年7月30日(火曜日) 9:30〜19:30

場所:港区男女平等参画センター2F リーブラ 学習室C
(田町駅徒歩5分、地下鉄三田駅徒歩6分)

想定対象者:社内でダイバーシティ推進を担当されている方、
担当ではないがD&Iに興味があって何か社内で行動を起こしたい方、
管理職の方 など

参加費:一日券(単発/複数受講どちらでも同一金額です)
一般      3,000円
GEWEL会員  無料

定 員:20名/各回  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

申込締切:2019年7月26日(金)20:00まで

申し込み:https://gewel-summer-seminar2019.peatix.com/

※ 申込に際しお預かりする個人情報は、本セミナーの運営およびGEWELからのアンケートや情報提供のために利用いたします。

各研修はそれぞれ2時間となっています。
研修形式のため開始後10分を経過してからの入場をお断りする場合がございます。
お時間に余裕を持ってお越しください。

<1限目>   9:30〜11:30

インクルージョン体感ゲーム「クロスロードダイバーシティ編」体験セミナー
〜多様性のジレンマを乗り越え、共感を生み出す新しいゲームです〜

【概要】
「クロスロードダイバーシティ編」は、多様な人が共に働く現場で起きうる様々なジレンマを共に考え、理解し、話し合うゲームです。
キャリアや育児、介護、障害者雇用、LGBTQ対応など、組織や職場で起こりがちな悩みや問題をゲーム形式で考えます。
楽しくプレイする事で、お互いの違いと共通を明らかにし、多様な価値観や考え方に対する相互理解や共感を深めます。
正解のない問題を考え対話し続ける力を養い、インクルージョンの大切さを体感するゲームです。

★おすすめの対象者★
ダイバーシティ推進のみならず、コミュニケーションやマネジメントスキルの向上にも役立つ優れもの。
インクルージョンの理解や浸透をめざす組織にうってつけのツールです。

【ファシリテーター】
株式会社クオリア 代表取締役社長 荒金雅子

<2限目>  12:30〜14:30

コンフリクト・マネジメント研修

【概要】
ダイバーシティのある職場においては、文化や世代の隔たりから起こる勘違いや押し付け、ミスコミュニケーションから生まれる揉め事の発生など、ネガティブな出来事にも備えておく必要があり、『社員同士』や『社員対会社』のコンフリクトの放置は職場の士気を下げるだけでなくコンプライアンス違反を招く恐れもあります。お互いの違いをどのようにインクルージョンしていけば良いかについて、仲裁のプロセスやコツをお伝えします。

★おすすめの対象者★
人事担当者(既にダイバーシティのある職場で働く・これからダイバーシティのある職場になる可能性のある)
ダイバーシティ推進担当者
管理職など

【ファシリテーター】
バルーン・コンサルティング 代表 佐藤彩有里

<3限目>  15:00〜17:00

なるほど!ダイバーシティ 〜身体でわかる共感力〜

【概要】
「未知の状況でも、力を合わせるための共感力」を鍛えて、組織のパフォーマンスを向上させませんか。
ダイバーシティとの出会いとは、自分がこれまで体験したことのない、違いや新しさとの出会いです。
違う文化、性的指向、バックグラウンドなどを持つ人たちが共に働くには、未知の状況や自分とは全く違う人に向き合うする力が不可欠です。
今回は現代音楽という、多様な表現の世界を通じて「未知の状況でも、力を合わせるための共感力」を鍛えます。
音楽の素養や音感などに関係なく、また男女年齢を問わずどなたでも参加可能です。

<過去の参加者の声>
・これまで気づかなかった視点の違いを、体で感じることができた
・グループで取り組むことで、自分では予想もつかない面白い表現が見つかった。
グループ発表がとてもエキサイティングで達成感が得られた

「未知の状況でも、力を合わせるための共感力」を持つ方が増えると、組織が新しい人や考え方を柔軟に受け入れやすくなり、パフォーマンスが向上します。

座学とは一味違う、身体を使ったダイバーシティ研修をぜひ体験してみてください。

★おすすめの対象者★

ダイバーシティ研修をはじめて実施する、もしくは実施して間もない組織。
ダイバーシティを受け入れる基礎的な力をしっかりとつけたい場合におすすめ。

【ファシリテーター】
株式会社竹田綾夏事務所 代表取締役 竹田綾夏

<4限目>  17:30〜19:30

その違いから価値を生み出すために

【概要】
ダイバーシティ、日常生活の中にある様々な違いを客観的に分析するために、ここでは思考傾向(=脳のクセ)というものを知っていただきたいと思います。
「カレイド・コンパス※1」テストで思考傾向を可視化することによって客観的に改めて自分を知り、相手を知り、そして組織をとしてのパフォーマンスを上げていくユニークなツールです。この研修をするだけでストレスチェックの結果が大幅に改善された企業も多く、人に絡む様々な問題に対応します。
・なぜ簡単に分かり合える人と努力してもなかなか分かり合えない人がいるのか?
・なぜかあなたの会社はいつも似たような人が採用されているのか?
・どうしたら、何度言ってもわからないあの人のモチベ―ションを上げられるのだろうか?
そんな質問に、答えもおのずと出てくるのです。
一人一人の思考傾向を知って、チームの中で補足関係を見つけ出し、違いを楽しく価値に変えていくためのヒントをお伝えします。

★おすすめの対象者★
組織で働くすべての方におすすめ。

※1 カレイド・コンパスとは、各自の思考傾向を把握するためのオンラインテストです。
簡単に自分の思考傾向の「脳のクセ」を可視化するためのものです。
※ 受講には「カレイド・コンパス」の受験が必要になります。
(所用時間:15分、追加費用不要)
申込締切後に個別にご案内させていただきます。

【ファシリテーター】
株式会社ヒューマンスキル・アカデミー 代表取締役社長 田中ちひろ

滅多にないチャンスですので、この機会を是非ご活用ください。

申し込み:https://gewel-summer-seminar2019.peatix.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です