東京2020 D&I宣言!

東京2020組織委員会は、一人ひとりが心から楽しめる大会を実現するため、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)を東京2020大会成功の原動力として、大会計画・運営準備を進めています。
2018年12月6日には、森喜朗会長ほか、幹部と一般職員100名が参加の「D&I宣言イベント」が開催され、GEWEL代表理事の村松邦子さんが「共創時代のスポーツとダイバーシティ」と題して講演いたしました。


「自分にとってのダイバーシティ&インクルージョンとは何なのか?自分の中の多様性、自分が違いを受け入れる、面白がる、
そういうことを感じることのできる機会をたくさん作ることが一番大事。ダイバーシティ社会を日本に広げていくうえで、
スポーツの可能性を強く感じている。スポーツには世界と未来を変える力がある。」と伝えました。
イベントの詳細はこちらをご覧ください。
https://tokyo2020.org/jp/games/dandi/efforts/dipledge/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です