プライドハウス東京計画コンソーシアムメンバーに参画!!

GEWELは「プライドハウス東京計画」のコンソーシアムメンバーに参画し、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機に、スポーツの力でLGBT等のセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBT)に関する情報発信を行い、多様な個性をもつ一人ひとりが、自分らしさを発揮し、違いを活かして成長しあえる社会を目指します。

 

GEWELはアスリートの発信力を活かし、LGBTに関する理解の促進を目指す、「アライ・アスリート」を担当しています。アライ・アスリート一覧は、「プライドハウス東京」のHPからご覧いただけます。

2018年9月6日(木)プライドハウス計画発表記者会見の様子(文部科学省にて)

2018年9月6日(木)プライドハウス計画発表記者会見の様子(文部科学省にて)

 

「プライドハウス東京」とは

以下、プライドハウス東京HP抜粋

「プライドハウス東京」は、セクターを超えた団体・個人・企業が連帯し、2020年東京オリンピック・パラリンピックが開催されるタイミングを契機と捉え、LGBTなどのセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBT)に関する情報発信を行う、期間限定のホスピタリティ施設を設置し、多様性に関する様々なイベントやコンテンツの提供を目指すプロジェクトです。LGBTのアスリートや、その家族や友人、そして観戦者や地元の参加者が、自分らしく、多様性をテーマとした大会を楽しめるように活動するとともに、2020年のレガシーとして、次世代のLGBTの若者が安心して集える、常設の居場所づくりに取り組みます。 

世界で初めて開設された「プライドハウス」は、バンクーバー冬季オリンピックのタイミングでした。以降、大きな国際スポーツ大会に合わせて各地のNGOが主体となり、様々な形で「プライドハウス」が設立運営されてきました。「プライドハウス東京」コンソーシアムは、2020年以降に日本社会に残るレガシーを、という団体の意志を込めて、パラリンピック最終日の2年前、2018年9月6日にキックオフしました。

 

 

GEWELとわたし(島谷美奈子)

NPO法人GEWELは2003年の設立以降、ダイバーシティ&インクルージョンを中心に、多くのひとに影響を与えてきました。GEWELと関わったことをきっかけに、新しい何かを起こしてきた「コトおこし」の例を紹介していきます。

File06:島谷美奈子

GEWEL理事/キャリアカウンセラー

Q. あなたを掛け算で表現すると?
ジェンダー×キャリア×多世代

まずは、「ジェンダー」についてお話しします。保守的な家庭で育った私が、自我に目覚めたのは10歳の頃です。病気で入院した父に「自分たちに何かあったら、姉弟で助け合って生きていきなさい」と声をかけられました。家事育児にノータッチで、ほぼ話をしたことがない父から話しかけられたことに喜んだのも一瞬でした。その後、こう言われたのです。
「弟は男だから大学に行かせなくてはいけない。お前は女だから働いて弟を助けなさい」と。
衝撃を受けました。男女で待遇は違う。そして、親に何かあったら、私の人生は何も起こることがなく終わってしまう。その前に行動を起こさなくてはと考えたのです。
地元を出て、東京の大学へ進学する8年計画を立てたのはその時です。女の子だから、というだけで、待遇に違いがあるのは発展途上国だけの出来事ではなく、現実的な課題だと感じています。

次に「キャリア」。前述のような気持ちの一方で、早く社会人になって働きたいという気持ちもありました。母方の祖父が事業家で、65歳で創業した会社が軌道に乗り始め、私の父や叔父らも入社し、親戚が集まると今後の事業について語っている場面をよく見ていました。毎朝、冷水摩擦をして体を鍛え、背中をぴんと張った姿で出勤する祖父の姿はカッコよいものでした。ベンチャー企業や新規事業のワクワク感が好きなのは祖父の影響です。

けれども、祖父と同じテーブルについているのは男性のみ。女性子供は別でした。私は「どうしたら同じテーブルについて話ができるのだろうか」といつも考えていました。そうして、働いて経験を積めば話ができるようになるのだろう、と考えついたのです。キャリアカウンセラーになった背景には「働く」ことへの関心の高さがあったのかもしれません。

最後に「多世代」についてです。キャリアカウンセラーとして若者のキャリア支援をする中で、内定辞退の陰に親の影響が強いことに気づきました。何名かの保護者から、このような声を聞きました。「私だってかつてはやりがいのある仕事をしていた。それを育児で中断したのよ!」
若者のキャリア支援には、親世代のキャリア支援も必要なのです。

現在は女性のキャリア支援をメインに行っています。ブランクがある方の再就職支援では、自分たちの挑戦が子供たちの就職へ良い影響を与えると伝えています。また、働き続けることが当然だといわれてきた周囲の男性たちへも、「一度やめても、何度でもチャレンジできる」と伝えることができます。
性別・年代を繋ぐ役割として、さらにキャリア支援を深めていきたいと考えています。

 

Q. GEWELとの出会いは?
 理事との出会い。点がつながり、理事に

GEWELを知ったのは、代表の村松さんと出会ったことがきっかけでした。人事コンサルタントの鈴木孝枝さんが主催するワークショップで同じグループとなり、これから実現したいことを語り合いました。その後、SNSでつながって情報交流する中で、ある企業の職場環境改善プロジェクトに違う立場で関わっていることがわかったのです。プロジェクトが終了後にご連絡させていただき、改めてGEWELの活動を知りました。

オープンフォーラムに参加し、企業と個人、会社員とフリーランス・起業家、学生からシニアまで、と多様な方が集まる場であることを知りました。さらに知見を増やすために、セミナーや交流会に定期的に参加し、3年前から正会員として研修事業にも関わっています。2018年3月からは理事の一人として活動をしています。

Q. 具体的な転機やその後に訪れた変化は?
 視座の高まり。境界線を超えた活動へ

GEWELとの出会いで変わったことは、視野が広がり視座が高まったことです。
年代や立場が多様な方々と出会いにより多様な価値観をうけいれられるようになりましたし、研修事業にチームで参画することで経験値を増やすこともできました。

それまでは、「ワーキングマザー」「30代40代女性」「キャリア」に関連する方との交流が主でしたが、良い意味で枠を崩し、新たな風を入れることができたのです。

昨年、あるダイバーシティセミナーで「ダイバーシティを推進する立場の方が、同じようなカテゴリーの方とばかり付き合っていたとしたらどうでしょうか?」と投げかけを受けてハッとさせられました。まさに、数年前までの自分はそうでしたし、見える範囲のことばかり見ていたことに気づかされました。

現在は、多角的な視点や多様な立場から物事を考えるようにしています。

 

Q. 今どんなコトを起こしていますか?
GEWELを通して実現した私の経験をつなぎたい

GEWELの理事としてD&I普及啓発交流会を担当しています。
交流会の特徴は、GEWELの会員の方から企画を募り、運営をGEWELがサポートしている点です。

どうしてやりたいのか?なぜGEWELなのか?何を伝えたいのか?を打合せを通してお聞きし、想いを言語化することを通してアクションを進めています。さらに、企画者以外の会員の方に、当日の受付やレポート作成をお願いしています。そうして、関わった会員の方が次の企画をご提案いただくこともあり、ゆるやかな流れができてきたと感じています。

これまでに「多様な働き方」「強み分析」「健康」「スポーツ」「地方」「海外のD&I事例」等、多様なテーマのご提案をいただいています。

私自身も、理事になる前は会員として運営サポートやレポート作成を通して、多様な経験を積ませてもらいました。D&Iに関する活動を「やりたい」と思った会員の方が、経験を積める場にしたいと思います。

Q. これから起こしたいコトは?
 多世代を繋ぐキャリア支援

キャリアカウセラーとして、多世代や異なる性別を繋ぎ、それぞれがHAPPYになるような“世代間を循環するキャリア支援”をしていきたいと思っています。
キャリア支援の場では、「若者を支援したい」「障害者を支援したい」「女性を支援したい」等と、自分が関わる対象者への支援に熱が入りあまりに、かえって周りが見えなくなることがあると感じています。働きたい誰もが、自分らしく働くために、支援する側も協力できるように、私自身が多方面に関わりたいと思っています。
最近では、育休復帰を目指す女性向けセミナー、男性管理職と女性部下が一緒に参加するワークショップ、60歳からの働き方セミナー等、多世代にわたるセミナーのご依頼をいただくようになりました。
これから団塊ジュニア世代が50代となり、働き方や生き方を見直す方が増えるでしょう。ミドル世代の男女の支援にも関わりと考えています。

親になったから子供のサポートに回る、まだ若手だから経験を積むまで待つ、●歳だからもうキャリアチェンジは難しい、等とストレオタイプに考えるのではなく、やりたいと思ったら、何かしら行動を起こしてみたらいいのではないでしょうか。
それらを起こすために、まずはGEWELのイベントや交流会へ参加していただきたいと思います。

自分自身をプロデュース

個人的には、セルフプロデュースに興味があります。これから50代60代と年齢を重ねていくと考えた時に、私自身もやりたいことにチャレンジしたい、新たな行動を起こしたいと考えるようになりました。今は、フリーのキャリアカウンセラーとして色々な仕事場に行くというワークスタイルですが、「ここに行けば会える場」や「ここで発信している場」等、場所を作れないかと考えています。

例えば、エグゼクティブの方向けの会員制ラウンジです。
学生時代にバーレストランでアルバイトをしていたことがあります。お客様の多くはエグゼクティブで、その時間そのものが人生の財産となっています。また会社員時代、役員や管理職から「率直なところ、どう思う?」と企画や人事施策について意見を求められることがよくありました。今でいうディスカッションパートナーだったのかもしれません。その頃から、傾聴力と洞察力は持ち合わせていたと思います。本音をストレートに代弁することができたのです。

また、日替わりでサロンやカフェのオーナー、ラジオのパーソナリティのような役割もやってみたいですね。また、キャリアチェンジや再就職を目指す方向けの講座では、地方へも行きたいと持っています。これまで女性向けの再就職支援に関わっていましたが、これからは男性も対象となるでしょう。

それから、アジアとの接点も持ちたいと考えています。学生時代に地理学を専攻し特にアジアに関心がありました。20代では毎年アジアに出かけ、濃い顔立ちのせいかどこへ行ってもしっくり馴染んで現地の方との交流も深めることができました。バリ島は4回訪問し、日本で楽器(ガムラン)を習っていたこともあります。これから日本以外に、第二の拠点をつくってもよいのかもしれません。

オープンフォーラム2018(12/2)

今日、ここから始まる、自分らしい、あなたの毎日。

GEWELオープンフォーラムは、登壇者や参加者との交流から、キャリア観、価値観、人生観の多様性に触れることで自分の世界を広げ、互いを生かす社会の実現を共に考える場です。
自分らしくいる勇気を持っている人、社会のべき論から卒業した人、そのためにコトを起こした人、7名のゲストをお迎えします。
SNSの”いいね”の数を気にして落ち込んでしまう、”良い”ママでいなきゃ、旦那でいなきゃ、良い子でいなきゃ、人と違う境遇はひっそり心の中に隠しておかなきゃ…
周囲期待役割や自分で課したべき論によって、また社会的に少数者であることついつい謝り続け、自分らしさや自分軸での幸せや充実を忘れていませんか?
インクルージョンな社会は、ひとりひとりが自分の価値を信じチャレンジし、そして他者のチャレンジを応援する社会です!お互いの価値と可能性が無限に広がる…今年のテーマは“自分をインクルージョンする”自分らしさを一緒に語り再発見しましょう。
今年も学生が企画・運用しています!

【詳細】
日時  :2018年 12月2日(日)13:30~17:00 (13時開場)
参加費 :社会人2000円 ,GEWEL会員1500円,学生1000円,18歳未満無料
会場  :港区立男女平等参画センター・リーブラ1F リーブラホール
アクセス:JR田町駅 東口より 徒歩2分
お申込み: https://openforum2018.peatix.com/view

【プログラム】
第一部:ゲスト講演(13:30~)
– 小国士朗 氏 注文をまちがえる料理店 発起人

第二部:TED風スピーチ(14:30~)
– ヘンリー・シールズ 氏 株式会社Paidy 人事総務本部長
– 蔭山夏月氏 NGO Diversity cafe 創立・代表
– アンジャナ KC 氏 ネパール女性障害者活躍推進センター創設者
– 大原 学 氏 一般社団法人マツリズム 代表理事 / マツリテーター
– 稲葉 哲治 氏 エシカルペイフォワード プロデューサー/ SOIF 共同代表
– 小西遊馬 氏 フリージャーナリスト

休憩

第三部:インクルージョンについてのディスカッション(16:00~)
– あなたが話したいテーマでインクルージョンについてディスカッションし自分らしさを定義していきます

 

・18歳未満は無料です
・小学生以下の参加は保護者同伴でお願いします。
・子ども見守りスタッフは配置していますが、預かり保育はありません。
・保護者の責任のもと、子どもの安全と他の参加者との良好な環境づくりをお願いいたします。

 

 

【ゲスト経歴】

小国士朗 氏 注文をまちがえる料理店 発起人

2003年NHK入局。情報系のドキュメンタリー番組を中心に制作。2013年に9か月間、社外研修制度を利用し大手広告代理店で勤務。その後、番組のプロモーションやブランディング、デジタル施策を企画立案する部署で、ディレクターなのに番組を作らない“一人広告代理店”的な働き方を始める。150万ダウンロードを突破したスマホアプリ「プロフェッショナル 私の流儀」や世界3500万再生を超える動画を含むNHKの番組の“オイシイ”ところだけを編集・配信するSNS向けのサービス「NHK1.5チャンネル」の企画開発の他、個人的プロジェクトとして、認知症の人がホールスタッフをつとめる「注文をまちがえる料理店」などを手掛ける。2018年6月にNHKを退局し、フリーのプロデューサーに。
ヘンリー・シールズ 氏 株式会社Paidy 人事総務本部長
アメリカ合衆国のウェストバージニア州出身。バージニア州の高校を卒業後、ハーバード大学東洋学部日本学科に入学。1994年、京都大学のスタンフォード大学留学センターに留学し、1年間日本で過ごす。ハーバードを卒業後、金沢市の商社に入社。その経験は、自分の最初の小説“Making It in Japan (2000)”で述べている。その後、様々な会社・企業で働き、「改革、現代化、トランズフォーメション活動」をリードしてきた。 趣味は、音楽、ボランティア、ソーシャル並びにチャリティイベントの開催、さらには、キャリアアドバイザーとして、皆様の人生をより充実したものにしていただけるよう、パーソナルコーチングもしている。
アンジャナK.C. 氏 ネパール女性障害者活躍推進センター創設者
母や友達の支えで大学を卒業後、「ダスキン・アジア太平洋 障害者リーダー育成プログラム」に参加。帰国後、ネパール で障がいのある女性が自立生活するためのカフェを設立。

大原 学 氏 一般社団法人マツリズム 代表理事 / マツリテーター
1983年神奈川県生まれ。幼少期から祭りに強い憧れを抱いて育つ。早稲田大学人間科学部で円陣を研究し、米国留学時にはソーラン節の普及を行う。日本GE株式会社、NPO法人クロスフィールズでの勤務を経て、2016年11月にマツリズムを設立。

蔭山夏月 氏 NGO Diversity cafe 創立・代表
法政大学現役4年生。2018年3月、就職活動の傍、「気軽に深い話ができる場」をつくるNGO Diverstiy cafeを創立。賢者屋主催の第二回LGBTビジネスコンテストでは優勝。日本の教育に深い対話を増やしたい思いで、HISとデンマーク教育ツアーを運営。人の自分とは違う部分も同じ部分も肯定的に捉える人を育み、心理的安全の感じられる社会の実現に向けて活動中。

稲葉 哲治 氏 エシカルペイフォワード プロデューサー/ SOIF 共同代表
「つながりを想い、これからを選ぶ」エシカルという人と社会との関わり方を広めるため、セレクトショップ「エシカルペイフォワード」や竹工芸ブランドEDAYAの運営、参加型社会投資イベントSOIF開催等を行う。TEDxSaku登壇「ハイブリッドキャリアのすすめ」。

小西 遊馬 氏 フリージャーナリスト
『「社会をよりよくする人や生き様」を誰もが憧れる“かっこいい”に』をテーマに活動中。
今までにない“かっこよさ”を取り入れた環境ドキュメンタリーの製作。
“かっこいい”をコンセプトに社会問題啓発イベントの開催など、
より多くの社会変革者を“かっこいい”をテーマに創発する。

 

【主催】
NPO法人GEWEL
異なる個性の一人ひとりが自分らしさを発揮し、お互いにその違いを活かしあう社会を目指す。見える違いや見えない違いに気づき、異なるものとして尊重する。自律した個が相互に影響しあい、価値を生み出す。そんなインクルージョン社会に成長することを願う。
GEWELはダイバーシティ&インクルージョン(D&I)に共感するひとを増やし、違いを感じる場を提供することで、D&Iの共感者と実践者が広がるよう活動中。

 

【協力団体】
〜NGO Diversity cafe 〜
「気軽に深い話のできる場を」
世界に同じ人は一人としていない。
私たちの思う”Diversity”とは、そんな人々のちがい。
ちがいが認められて安心して話せる場、cafeのように日常的に話す場を企画。
「褒め合うカフェ」や「Diversity cafe family  コミニティー」の運営。
人の自分とは違う部分も同じ部分も肯定的に捉える人を育み、心理的安全の感じられる社会の実現に向けて活動中。

〜大東文化大学 ダレン・マクドナルドゼミ〜
日本における多様性の活かし方をダイバーシティ・マネジメントを通して表層的な面の違いから深層的な面の違いまで、お互いを尊重し合い高め合う社会を目指す。
ダレンゼミでは企業から個人についてまで幅広い対象を研究し、その中で数値や法律、会社のイメージの為に行うのではなく、前向きにダイバーシティ・マネジメントを検討し、より良い成長、利益をあげられるような研究をしている。

【申し込み方法】
https://openforum2018.peatix.com/view

【お問い合わせ】
NPO法人GEWEL事務局
MAIL:office@gewel.org
あなたのご参加を心よりお待ちしております。

 

ふたりゴト(October)

ふたりゴト(October)

Miyoko Kojima Yuta Hasumi

M「さぁ今日はイクボス企業同盟!」

Y「LGBTの理解と制度・取組みに関する分科会。ファシリテーターを頑張りましょう!」

 

M「家族のかたちのひとつとしてLGBTをイクボス企業同盟で取り上げられるのは嬉しいね」

Y「多くの企業でもLGBTの従業員やお客様への取り組みがはじまっていますよね!」

M「はすみんは企業のダイバーシティ推進者のとき、どうして積極的に取り組んだの?」

続きを読む