国際舞台でも通じるスキル・自信を持って話そう!(9/1)

「人前で話すのが苦手」「自信を持って話せない」

そんな女性が多いのは日本だけではありません。

女性がリーダーになる場面は、この先さらに増えていくでしょう。

世界で活躍する女性たちの話し方、ふるまいから、いますぐ実践できるスキルを学びませんか。

今回は座学だけではなく、実技体験や大学生による報告、日頃の疑問や意見を交換できるワールドカフェの時間も設けます。

人前で話すことを一緒に楽しんでみませんか。

NWEC主催の男女共同参画推進フォーラム(8月30日〜9月1日)のプログラムとして開催します。他にもたくさんの展示やセミナなどありますので、この機会をお見逃しなく!

☆☆こんな方におすすめ☆☆

人前で話す機会が増えた

リーダーやまとめ役になる必要がある

緊張してしまう、あがり症

堂々と話せるようになりたい

☆☆ワークショップ内容(予定)☆☆

世界の女性リーダーの話し方から学ぶ

ロールプレイ・実技体験

(緊張のほぐし方、声の出し方、説得力を出す方法、他)

大学生による、女性のリーダーシップに対する意識に関する報告

質疑応答

ワールドカフェ・参加者同士の交流

全体発表・まとめ

日時:9月1日10時〜12時

(※NWEC主催の男女共同参画推進フォーラムの開催期間は8月30日〜9月1日の3日間)

参加費:無料

会場:独立行政法人国立女性教育会館(NWEC)

住所:埼玉県比企郡嵐山町菅谷728

(東武東上線・武蔵嵐山駅より徒歩約12分。駅より無料送迎バス有)

ワークショップ主催:NPO法人GEWEL 

発表者:竹田綾夏(NPO法人GEWEL正会員・プレゼンコーチ)

藤田麻瑚(芝浦工業大学2年)

申込:https://gewel20180901.peatix.com/

参加する際のご注意:

・ 未就学児のご参加はご遠慮ください。託児ご希望の場合は(おおむね1歳以上〜就学前)、8月13日までに直接主催団体NWECの事業課フォーラム(0493-62-6724)までご連絡ください。事前申し込み制、先着順です。なお、手続きはご自身で行っていただきます。

・ NWECによる写真撮影が入る場合がございます。その場合、記録・広報に使用されますのでご了承願います。

自分軸で生きるためのファンドレイジング レポート

7月23日、自分の軸で生きようとするメンバー10名が集まり、ファンドレイジングについてお話を伺いました。

株式会社STYZの堤大介さんが講師となり、ファンドレイジングを1から教えていただきました。GEWELでも利用しているサービスSyncableのご紹介もあり、具体的な調達方法も見ることができました。

個人で何かを始めようとしているひとや、NPOなどの団体で資金調達を考えているひとなど、既存の枠にとらわれずに資金調達する方法がわかりました。また、寄付文化の根付いていない日本において、クラウドファンディングや寄付で資金をつくることの意義と難しさも学ぶことができました。参加者それぞれの置かれる状況と照らし合わせながら話を聞くことは、知識習得の意味だけでなく、互いの成長を応援しあう仲間づくりの場でもあり、交流会ならではの場となりました。

講師の堤大介さんからコメント
昨日の交流会では細かな手法やノウハウよりも、ファンドレイジング戦略の立て方や考え方の手順についてお話させていただきました。新しい手法やツールはどんどん増えていきますが、大切なのはファンドレイジングも自分がやりたいことや伝えたいことを伝えるためのコミュニケーションであるということだと思います。みなさまそれぞれがご自身の活動を形にされていき、伝えていくための参考にしていただけると幸いです。

歌舞伎から学ぶお江戸の多様性 レポート2

6月22日に開催したセミナー「歌舞伎から学ぶお江戸の多様性」に参加してくれた学生2人からレポートが届きました。素直な感想を読むと、最もおおきなものを得たのはこの二人だったのだろうと気づきました。レポートをありがとうございました。

<大学生・蔭山夏月さん>
歌舞伎✖︎D&I は私の全く考えたなかった江戸や芸術の多様性に触れられて、本当におもしろかったです。
日本の仕事の進め方など色々と保守的なイメージがあるのは、その様式自体に居心地の良さや美を見出してしまうからなのではないかと考えさせられました。

<小学6年生・Dさん>一部抜粋です
かぶき役者さんがおどると聞いていたので楽しみでした。踊るのは「ふじ娘」というおどりだそうで、かぶきは男の人がやると聞いているのでどんな風に女の人に変わるのか楽しみでした。音楽が始まっておどりだしたら、もう女のひとのようでびっくりしました。普通だったら化しょうや服装があるからと思っていたけれど、おどりかたが女のひとのようで変身したみたいでした。ふじ娘が終わったあと、おどりの意味を教えてもらいました。意味は、だんだん女の子から女の人に成長をしているようすです。たしかに最初ははしゃいだりしていたけれど、どんどんおどりがなめらかになっていったからです。テレビで見るよりも迫力があってすごいなと思いました。(略)「なんでかぶきの人は真顔なんですか?」と聞いたら、「かぶきは顔じゃなく、しぐさやおどりで表すんだよ」と教えてくれました。(略)最初はいやいやだったけど、かぶきのことがたくさん知れて楽しかったです。

GEWELとわたし(荒金雅子)

NPO法人GEWELは2003年の設立以降、ダイバーシティ&インクルージョンを中心に、多くのひとに影響を与えてきました。GEWELと関わったことをきっかけに、新しい何かを起こしてきた「コトおこし」の例を紹介していきます。

File03:荒金雅子

 

GEWEL理事/(株)クオリア代表取締役

Q. あなたを掛け算で表現すると?
D&I×グローバル×カタリスト(触媒)

宮崎県生まれ。大阪在住ですが、ダイバーシティコンサルタントとして月の半分以上は東京を中心に全国を飛び回っています。活発性が非常に高く、常に走りながら考える回遊魚のような生活です。新しいことを考え実現することが大好きで、最近ではアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)トレーニングやダイバーシティのジレンマをゲームで考えるクロスロードダイバーシティ編の普及に力を入れています。

プライベートでは1歳10か月と6か月の二人の孫娘にメロメロで、休日はヤヤ活動にいそしんでいます。(*ヤヤとはギリシャ語でおばあちゃんの意味)今の最大の楽しみです(笑)。

続きを読む

夏休み親子イベントのご案内(8/19)

夏休みの親子イベントのご案内(8/19)

「夏だ!カレーだ!自由研究だ!
〜親子で学ぶ。スパイスの魔法とインドカレー作り〜」

夏休みの自由研究テーマは決まりましたか?決まっている人も決まっていない人も、一緒にインドのスパイスの効果や文化について学び、おいしいチキンカレーを一緒に作りましょう!
スパイス=辛く味つけするためのもの? 実は違うんです。スパイス入りの甘いデザートもあるんです!面白い発見があるかもしれません!
また、暑い夏にぴったりな涼しくなるヨガも親子で体験できます。

○日時:8月19日(日)13:30~16:00
○場所:港区男女共同参画センターリーブラ(田町駅・三田駅から徒歩5分)
○定員:20名 (今回は講義内容を踏まえ、小学4年生以上に限定させていただきます)
○費用:大人3,000円/人 子供2000円/人(小学4年生〜6年生)
※大人のみによる参加も可能です。大人1名につき子供複数参加も可能です。
○申込:https://seminar08.peatix.com/
※申し込み後のキャンセルは承ってないのでご了承お願い致します。
○お問合せは ayur.rumishinoda@gmail.com(担当講師:篠田るみ)まで

<イベント内容>
・スパイスとインドの文化について勉強
・涼しくなるヨガレッスン
・お料理教室(チキンカレー、バターライス、デザート。レシピお渡しします。)
※バター、ヨーグルト、生クリームなどの乳製品を使用します。
※出来上がったらみんなでその場でいただきます。ドリンク付き。


<講師紹介>
■篠田るみ
■アーユルヴェーダビューティーアドバイザー、ヨガインストラクター、準ミス・ワールド2017
日本人の父とインド人の母のもとインドで生まれ、埼玉県の緑豊かな小川町で育つ。
早稲田大学卒業後は大手通信企業に入社。在職中にチャレンジしたミス・ワールド2017日本大会では準ミスを受賞。
ミスコンテスト挑戦中に、自身の原点であるインドやアーユルヴェーダ・ヨガへの探求心が募り、会社を退職してインドへ留学。
ヨガの聖地リシケシで全米アライアンスヨガコース200時間を取得、アーユルウェーダ発祥の地南インドケララ州で栄養学コース・美容コースを卒業など本場での研鑽を積み、アーユルヴェーダビューティーアドバイザーとしての活動を始める。

ふたりごゴト(July)

ふたりごゴト(July)

Miyoko Kojima Yuta Hasumi

Y「部屋とワイシャツと私~♪D&IとGEWELと私~♪…」

M「すごい、よくそんな歌知っているね」

Y「新企画「GEWELとわたし」始まりましたね!」

M「はすみん提案の『あなたを掛け算で表現すると?』が出てるよね。」

Y「掛け算って可能性が一気に、無限に広がっていく…中学生の時、勉強しているときからその世界観がとても好きです」

M「中学時代は遊びの思い出しかないわ」

続きを読む

歌舞伎から学ぶお江戸の多様性 レポート

GEWEL賛助会員 眞島かな子
 6月22日に、D&Iセミナー「歌舞伎から学ぶお江戸の多様性」が開催されました。 冒頭、副代表理事の小嶋さんよりゲストの佐藤昇一さん(元歌舞伎役者・中村蝶之介さん)さんの紹介と今回のセミナーに至った経緯が説明され、佐藤さんへバトンタッチ。前半1時間程度で歌舞伎体験、後半は自由な質問になりました。 始めに、歌舞伎の面白いところをまとめた映像を見て、感想を発表していきました。歌舞伎の表の世界だけでなく、化粧をしている場面、着替えをする場面など、歌舞伎の裏の世界を垣間見ることができました。「女形の化粧がリアル」「ものすごい運動量。体が柔らかくて体操選手みたい」「衣装が想像以上に重量感がある」など、参加者からいろいろな意見が出ました。 次に、実際に歌舞伎の中でも「女形」という部分に注目し、中村さんが実際に「藤娘の藤音頭」という演目を実演されました。
一人の女性の一生を、しなやかさ、従順さ、はかなさで表現されたこの演目はとても見ごたえがありました。その後、同演目のDVDを見て、ライブ感のある演奏や、演出の数々を教えていただきました。「形があって、そこに生の人間が演技する。人によって、解釈が違ってくる」という中村さんの言葉が印象的でした。他にも、「助六」の演目のセリフを披露していただくなど約1時間の歌舞伎体験はかなり濃密なものとなりました。  後半はさまざまな質問に順次答えていく方式で、参加者から活発な質問や意見が出ました。見栄をきる、白塗りをする、きれいな衣装、、、等々、これらの演出にはすべて意味があるということがわかりました。中村さんの軽妙な語り口と、終始和やかな雰囲気の中、大盛況のうちに終えることができました。 今回のセミナーを通し、歌舞伎の世界は、様々な人の力と様々な解釈の融合により生まれた産物であり、現代まで脈々と受け継がれているものであると同時に、自分たちが想像していた以上に多様性のある文化であるということを感じました。

自分の強みを知る・活かす交流会

GEWELでは、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)を理解するためのきっかけとして、交流会やセミナーを開催しています。

今回の交流会のテーマは「自分の強みを知る・活かす」編です。

自分の強みを活かせって言われるけど、「自分の強み」が何なのかよく分からない。周囲から「改善すべき点」を順番に挙げられることは多いけど、出来ている事へのねぎらいの言葉はほとんどない。だからいつも自分が好きになれない、でも本当は自分の強みも知りたいし、自分を好きになりたい。企画者のわたしも数年前まではまさにこんな感じでした。

みなさんは自分の強みが理解できていない時に、自分の強みをどうやって理解しようとしますか?
身近な人に自分の良いところを聞いて回る? それとも、指摘された改善すべき点を努力して修正して強みに変える?
前者は客観性の点で不安があり、後者は、時間がかかることもあり、両方共に短時間で実践するには難しいものです。

ではどうすれば良いのでしょう?

今回の交流会に参加いただくと、「ストレングスファインダー®」を使って自分の強みを知ることができます。※
その結果を使って今回は参加者同士で交流しながら、お互いの強みについて理解を深めていきます。

自分の強みと、相手の強みを理解すると、どうなるのでしょうか?
相手との違いが理解できるようになって、ダイバーシティ(多様性)を意識すると共に人の多様性の重要性についても考えることになりますので、個性を発揮して自分らしくいられるようになります。
そして、相手の強みにフォーカスするとコミュニケーションが円滑になり、さらにお互いに強みを活かし合うことでシナジーが生まれていくのです。

今回の交流会はこんな方におすすめ:
・自分の強みを自覚したい。
・相手の強みを引き出したい。
・自分と相手の強みから相乗効果を起こしたい。
・ストレングスファインダーの基礎を理解したい。

当日は、肩の力を抜いてみんなでワイワイ楽しく進めていきたいと思っていますので、ちょっとでも興味を持っていただけましたらお気軽にご参加ください。
みなさまにお目にかかれる時を、楽しみにしています。

※ストレングスファインダーとは
アメリカの世論調査と組織コンサルティングのギャラップ社が「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に基づいて開発したツール。
177個の質問に答えていくことで、自分の強みを知ることができる。

○日 程:8月5日(日)10:15~12:45
○内 容:ストレングスファインダーとは/TOPの資質の活かし方/どの場面で自分の強みを使っているか考えてみよう
○場 所:品川SHIP4階 第1会議室
JR大崎駅から徒歩5分 (http://www.ship-osaki.jp/access/
○講 師:藤田珠代 Gallup認定ストレングスコーチ
○対象者:テーマにご興味がある方
○定 員:24名
○参加費:GEWEL正会員・賛助会員無料、一般1,500円(税別)※ドリンク付き
※ストレングスファインダー受験代は別途実費
○申 込:http://kouryu08.peatix.com/
○お問い合わせ :office@gewel.org(NPO法人GEWEL事務局)までご連絡ください。

<参加申し込みの方へ>
ご参加お申込いただいた後、ストレングス・ファインダーの結果(Top5もしくは34)が分かりましたら、お手数ですがメールにてご連絡お願いいたします。

****ストレングスファインダーの受け方・診断方法****
ストレングスファインダー®の受け方には大きく2通りあります。(1944円~2200円前後)

① 書籍を購入し、付属しているアクセスコードを使用する。(1,944円/上位5資質:オススメ)
アクセスコード付きの書籍を購入して診断を受ける方法です。該当書籍巻末の表紙の裏に綴じ込みがあり、それを開くとアクセスコードが記載してあります。
アクセスコードは一回きりしか使えませんので、中古本ではなく必ず新品の本を購入してください。
<診断可能な書籍>
・さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版
・ストレングス・リーダーシップ さあ、リーダーの才能に目覚めよう

② 米国ギャラップ社のサイトから直接アクセスコードを購入する。(19.99ドル/上位5資質)
https://www.gallupstrengthscenter.com/home/ja-jp/index

D&I交流会(少数派編)レポート

GEWEL正会員 宮田祐子

6月17日、D&I交流会「少数派編」が開催されました。「自分の少数派体験について、聞くことはないし、話す必要もない」というルールのもと、参加者募集があった今回の交流会。

最初に、本日の交流会について、グランドルールの説明があり、互いに約束を交わしました。安心で安全な場が確保され、整えられた上で、「少数派」テーマでの交流時間が始まりました。

副代表の小嶋さんから、自身の少数派体験の語りと共に、D&Iの歴史やSDGsの紹介、社会統合の考え方についての紹介があり、交流へと続きました。

誰も、終了予定時間が過ぎていることに気づかないほど、各テーブルで繰り広げる話題に没入していました。

「D&I×少数派」交流会は、事務局にリクエストいただければ、第2弾も開催するそうです。